Code for Nanto(コードフォー南砺)

南砺市

PHOTO <南砺の夜明け> 医王山より

ABOUT

Code for America米国では、デザイナー、エンジニアが自治体にチームとして派遣され、課題・問題点をヒアリングしウェブサービス、アプリを作成する「Code for America」という非営利団体が2009年に設立されました。

日本でも約30団体が設立・設立準備をすすめており、北陸では「Code for Kanazawa(石川県金沢市)」「Code for Sabae(福井県鯖江市)」の団体が地域の課題解決のため活動しています。(2014年4月現在)

■ Code for Japan Brigade 一覧

MESSAGE

私が「Code for X」の活動を知ったのは、2014年3月。
たまたま参加した「Code for Japan 関 治之 氏」「Code for Kanazawa 福島 健一郎 氏」の講演の中で、「ボランティア=ごみ拾い」ではなく「プログラム(コード)を書くことでできるボランティア」という考えがあるということに新鮮な感覚を感じました。

Code for Nanto富山県南砺市では、市民と行政が地域の課題を共有し、ともに考え課題解決する「協働のまちづくり」を推進しており「Code for Nanto」の活動を通じて地域の課題が少しでも解決・便利になること、まちづくりや、生活の一部になることを期待しています。
「 誰がつくったかしらんけど、これ便利やわ!! 」
そんな声が、山・里・街から聞こえてくる活動を進めていきます
Code for Nanto

Code for Nanto 代表 森田 清仁

ACTIVITIES - No 02(税金がどのように使われているか知ろう)

税金がどのように使われているか知ろう

Where Does My Money Go? (日本語版 ver.1.0.) は、イギリスの Open Knowledge Foundation が開発した Where Does My Money Go? (英語版) をベースに開発されています。使われているデータは南砺市総務部財政課が作成している平成26年度一般会計予算のデータをもとにしています。Where Does My Money Go? プロジェクトは、公共データのオープン化を進める有志に支えられています。(会計の仕分け方法では金額に相違が出てきますのでご注意ください)

ACTIVITIES - No 01(ごみカレンダー)

南砺 ゴミ出しカレンダー

市民有志による入力を行っているのが特長で、1地区1市民が入力を担当しています。
パソコンやスマートフォンで自分の地区を選択すれば、自分の生活する地区のごみ出しカレンダーがでてきます。
(南砺市が配布しているごみカレンダーは、旧町村区分で1つのカレンダーとなっており、自分の地区のごみ出しを把握するためには、メモ書きなどのひと手間がかかっています。)

JOIN US

~ Code for Nanto 2014.04.01 Start ~
「Code for Nanto」の活動・興味がある方は「cfn@7104.info」「facebook Code for Nanto」までご連絡をお待ちしております。

CONTACT

「Code for Nanto」にお問い合わせの方は「cfn@7104.info」までご連絡をお待ちしております。
Code for Nanto